ホームインスペクションとは

ホームインスペクションとは、「住宅の健康診断」です。

ホームインスペクター(住宅診断士)が第三者の立場から調査を行い、住宅に劣化や欠陥、改修すべき箇所があるかどうかを確認し、住宅がどのような状態であるかを把握することができます。

インスペクションを行う上で大切なこと

インスペクションは自らが選んだインスペクターに依頼をすることが重要です。

物件を売りたい不動産業者や、リフォームの仕事をとりたいリフォーム業者から紹介されたインスペクターを、100%信頼することは難しいですよね?実際に「裏で調査報告書が操作されていた」などという問題も発生しています。

自らが選んだインスペクターに依頼することで、そのような心配がなく第三者性を保った状態でインスペクションを行うことができます。

事前に家の状態を知っておこう

近年、インスペクションを行ってから住宅購入を検討する方が増えてきています。
事前にインスペクションを行い住宅の状況を把握しておくことで、「入居後に欠陥が見つかってしまった」などのトラブルが防げるのです。

これからのホームインスペクション

ホームインスペクションは家を購入する上で、行って損はありません。

しかし、インスペクション自体の認知度はまだまだ低く、家を買おうと考えている方の中でもインスペクションのことを知る人は少ないのです。更に、不動産業者に関しても詳しくはわからない。という人がまだまだ大勢います。

そこで政府はインスペクションの利用促進のために政策を打ちました。2018年4月1日に宅地建物取引業法が改正され、中古住宅購入の際に不動産業者から「ホームインスペクションを実施する人をあっせんできるかどうかを書面で説明する義務」などが加わり、これから先インスペクションの認知度はどんどん上がっていくと思われます。

住宅購入を検討されている方も、新築だけでなく、中古住宅への住み替え希望者が年々増えてきていることもあり、需要が高まることは間違いないでしょう。

➡ ホームインスペクションに関する記事はこちらから


この記事が参考になったと思ったら、いいねボタンをお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です